書類をしっかりと確認!ワンルームマンション投資を成功するために

注意点を把握する

つみき

リスクを軽減させる

転勤などを理由に自宅を一時的に離れる場合、空き家として保管しておくこともできますが、リロケーションを利用して賃貸物件にすることもできます。ローンなどで住宅の費用を支払っている場合、空き家にすると二重家賃がそのままかかることと同様の意味になります。そのため、リロケーションを活用して家賃収入を得ることで、ローン負担を軽減させることができるようになるのです。リロケーションはメリットだけではありません。リスクも当然あります。契約期間を予め設けることができますが、必ずしも期間が経過してすぐに明け渡しに応じるとも限らないのです。契約時に契約書などできちんと取り決めしておかないと後々問題になることも想定できるのです。運用管理も必要になり、手間暇がかかるデメリットもあります。リロケーション会社を利用して一任することもできますが、費用が掛かります。収益性を考慮するのであれば、自己で実施することが最も、効果的なのです。また税制上の優遇などを受けられなくなる可能性もあります。住宅ローンなどの控除が適用外になるケースもあります。そのため、リロケーションを利用する前に、リスクをしっかりと確認しておくことが大事なポイントになります。管理内容は業者によっても異なります。そのため、値段だけでなく、サービス内容もしっかり吟味してリロケーションの準備を進めることが大事になります。リスクを軽減させることが何より肝心なのです。

Back to Top