書類をしっかりと確認!ワンルームマンション投資を成功するために

大家の収入を保証

男性と女性

大家に代わって対応

賃貸住宅で家賃が滞納された場合には、大家は借主の連帯保証人に支払いを請求することになります。しかし連帯保証人がスムーズに支払うとは限らず、その間にも借主は賃貸住宅に住み続けます。中には、退去を要求しても、訴訟を起こして居座るという借主もいるのです。こういったトラブルを回避するために、多くの大家が利用しているサービスが、家賃債務保証です。家賃債務保証とは、支払われなかった家賃を保証会社が代わりに大家に支払うというサービスで、これにより大家には毎月一定の利益が入るようになります。仮に借主や連帯保証人が支払いを拒否しても、保証会社との契約がある限り、大家の収入は保証されるのです。とはいえ保証会社にとっては、建て替えを続けることは損失となります。そのため保証会社は、借主にしっかりと督促しますし、借主がそれに応じない場合には、大家に代わって退去を言い渡します。借主が訴訟を起こした場合にも、やはり大家の代わりにそれに応じますし、借主が退去した後は、もちろん新しい借主を募集します。しかも借りることを希望する人が現れた場合には、勤務形態や収入などにおける審査をし、経済的に信頼できる人のみに入居を許可するのです。このように家賃債務保証によって、大家は督促や訴訟に関わることなく、毎月コンスタントな収入を得ることが可能となります。さらにその賃貸住宅には、きちんと家賃を支払う借主が増えていくことになります。このメリットから、家賃債務保証は賃貸経営に便利ということで注目を集めています。

Back to Top